プロフィール

高遠ユミ(yumi131ff)

Author:高遠ユミ(yumi131ff)
FC2小説で主にR-18作品を公開しています。ブログのテーマはエロいこともあればエロくないこともあります。作品は下のリンクよりどうぞ。


リンク


アクセスカウンター


最新記事


最新トラックバック



こまごましたことが大好きなんだろうなあ…。
銅版コラージュ画家・山下陽子の個展「未踏の星空」を観に行ってきました。

↓ 「白い使者たちⅠ」

yamashita2.jpg

特に、小さなガラスのドームの中に小枝(?)や石や羽を配置したオブジェ「夜の温室」シリーズなんか、ドールハウスとか好きだった元少女にはたまらないのではないかでしょうか。
そういう私も昔はドールハウスの食器みたいな細々したものに完全ノックアウト組だったのですが、乙女心も擦り切れた今では「欲しい!!」まで至りませんでした。が、ピンセットでそっとつまんだり、置いたり、重ねたり…、こまごましたことが好き好き大好き、そんな作業に没頭しているときが至福の時! というのが伝わってきます。

↓ 「シルフの消息」

yamashita3.jpg

ドールハウスのガーリーさをもっとスタイリッシュなテイストにし、永遠の乙女系女子が家に飾ってもおかしくない程にするとこういう感じになるのではないかという作品の数々。
全体的にこじんまりした印象ではありますが、そこが良いのかもしれません。

「夢の地平」(大きなリスがいなければかなりツボだった)、「夢の方位」、「セレネの息吹」という展示作品が好きでしたが、販売されていた作品集の中に収められていないのが残念。
その作品集の中では、「至高の星座」、「新月への捧げ物」、「聖夜インファンティア」、「内なる貴石」、あとこれは展示されていた気がする「月の微笑Ⅰ」あたりが好きでした。

↓ 「至高の星座」

yamashita18.jpg

星形の箱のシリーズは、夢や幻想を閉じ込めた小さな宝箱のよう。

yamashita17.jpg

yamashita14.jpg

yamashita15.jpg


↓ 個人的には、今回は展示されていない過去の作品のほうが好みだったかもしれません。

yamashita7.jpg


yanashita6.jpg


↓ この本も見てみたかったな。

yamashita11.jpg


山下陽子個展「未踏の星空」 LIBRAIRIE6 /シス書店(恵比寿)にて
12月20日まで。
一点物のオブジェなんか売約済みのはもう見られないかもしれないので、ご興味ある方はぜひ。

シス書店には金子國義の絵や四谷シモンの人形なども飾ってありました。

帰りに100均で来年の手帳を買おうとしたら、もう子供っぽい柄のものしか残っていなくて、じゃあ自分で表紙をコラージュしてやろうかと、100均マジックにやられシールとかペーパーとか糊を買い込み、そのあと書店に寄ったら文具コーナーにごくシンプルな手帳が数百円で売っていて、同じくらいの値段で買えたじゃん、しかも私、今そんな細々したことやってる時間無いじゃん!(時間もセンスも無い) どんだけ影響受けやすいんだよ、と脱力した日でした。(もう少しでネイル用のキラキラパーツまで買いそうだった)

コラージュで検索していたら岡上淑子(おかのうえとしこ)という人の作品が出てきて、ちっとも知らなかったのですが、この方の作品も素敵ですね。優雅でありながら大胆。お嫁入り前の数年間にコツコツ作った作品らしく、全部が好みというわけではないけれど、↓この辺りが好きです。

↓ 美しく力強い!「Nature」

okanomoto4.jpg

↓ ネットで見た中でこれが一番好きでした。「Streetlamp」

okanomoto5.jpg

↓ 印象的な「海のレダ」

okanomoto7.jpg

↓「The Night of The Dance Party」

okanomoto6.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://roissy1369.blog.fc2.com/tb.php/153-2b66e7d1

 | ホーム |