プロフィール

高遠ユミ(yumi131ff)

Author:高遠ユミ(yumi131ff)
FC2小説で主にR-18作品を公開しています。ブログのテーマはエロいこともあればエロくないこともあります。作品は下のリンクよりどうぞ。


リンク


アクセスカウンター


最新記事


最新トラックバック



ヒルトン東京で「不思議の国のアリス」にちなんだデザートブッフェが大好評らしいですが、知ったときにはすでに遅く、開催期間の10月末まで予約がびっしり満席でした。

hilton7.jpg

このクオリティの高さはアリスファンのみならず、可愛いもの好きな人たちが放っておかないでしょう。
食べ放題といわれても甘い物を元が取れるほど食べられるとは思わないけれど、このお菓子の数々、眺めるだけでも価値はありそう。
第一弾のラブリーな「アリスからの招待状」に続き、今回の「アリスとハートの女王からの挑戦状」ではハロウィーンを意識したちょっとグロめのメニューもあるようで、ますます行きたかった。

↓ 物語に登場する、「わたしをお飲み」、「わたしを食べて」

hilton1.jpg

hilton3.jpg

「どうしてバラにペンキを塗っているの?」
「赤いバラと間違えて、白いバラを植えちまったのさ。女王さまに見つかったら首をちょん切られるからね!」

hilton5.jpg

alice3.png

ロリコンだったと思われるルイス・キャロルの物語に、いっそうの魅力を添えたのは言うまでもなくジョン・テニエルのおなじみの挿絵。風刺画家でもあったテニエルの、可愛いだけでなく、どこかダークな画風に引きつけられますよね。まるで子供の頃に見た不可解な夢のよう。彩色されたものより白黒のままのほうがミステリアスで良いですね。
韻を踏んだナンセンスな詩やセリフの数々、翻訳では原文の面白さがほぼ味わえないのが悔しいところですが、挿絵にはそういう垣根が無くてよいですね。

↓ 有名なお茶会のシーン、アリスのうんざりした表情が子供らしくないのが、自分が子供のときに見ても素敵だと思いました。

alice1.png

擬人化された生き物たちも妙にリアルで、苦手な人が見たら「不気味」と感じられそうなテイストが、ファンにはツボですよね。
私は不思議の国のウミガメモドキや、魚の召使いとカエルの召使い、葉っぱの上で水ギセルを吸うイモムシ、鏡の国のハンプティダンプティなんかが大好きでした。
笑いだけを残して消えるチェシャ猫、スヌーピーが真似して「チェシャ犬」をやっていたなあ。

↓ 涙のウミガメモドキに、グリフォンの表情もイイですね。

alice12.png

alice2.png

alice5.png


鏡の国の牡蠣たちは大工とセイウチにまんまと騙され食われてしまう。けっこうブラックよね。

alice8.jpg


↓ ご挨拶する肉

alice13.jpg

エビの踊りを知っているかい?

alice14.png

アリスの挿絵は他にもいろんな画家が描いていますが、テニエルに勝るものはなかなかない。次点で金子國義かな。金子國義の描いたウミガメモドキがすごくキュートで好きです。

kanekoalice3.jpg

↓ こちらは金子國義のイモムシ

kanekoalice1.jpg


↓ 宇野亞喜良のアリスも見つけたので追加

uno-alice.jpg


「不思議の国」はトランプの国、「鏡の国」はチェスの国。

alice11.png

この好評ぶりならブッフェ第三弾もありえそうですよね? オバサンもガーリー少女たちに混ざって行ってもいいかな?

hilton6.jpg


hilton10.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://roissy1369.blog.fc2.com/tb.php/198-6bd12c5b

 | ホーム |