プロフィール

高遠ユミ(yumi131ff)

Author:高遠ユミ(yumi131ff)
FC2小説で主にR-18作品を公開しています。ブログのテーマはエロいこともあればエロくないこともあります。作品は下のリンクよりどうぞ。


リンク


アクセスカウンター


最新記事


最新トラックバック



ツッコミどころ満載のドラマ「運命に似た恋」が終わり、CSで「ガラスの家」の再放送もなんとか観終わりました。なんだか、この枠って昼メロみたいなんですね。よく見ればかつて大ヒットを飛ばした脚本家ばっかりなのに。ネタ切れなのか、それとも「こういうの書いてください」っていわれるのかな…。

今回は斎藤工と藍染千代紙を組み合わせて勝手に「菊燈台」のイメージコラージュを作ってみました。

  ※    ※    ※

~「菊燈台」(澁澤龍彦)より~

〝ふたりは岩の上で露のちぎりならぬ潮のちぎりをむすんだ。女はうっとりとして、
「私は水の中が好き」〟

kikutoudaitakumi4.jpg


〝「え、ガータロ。ガータロとはなんじゃ」〟

kikutoudaitakumi3.jpg


〝もう女とつき合うのはいいかげんうんざりしているはずだった。
おそらく菊麻呂のこころの奥底に、たずねればいつも帯紐とくのが習慣となっていた年上の女を鬱陶しく思う気持があったためであろう〟

kikutoudaitakumi1.jpg


〝「おまえさま、もしや人魚を見たのではないか」〟

kikutoudaitakumi2.jpg


〝部屋の中では、素はだかになった菊麻呂があたまに火のともった燈明皿をのせて、夢見るような目つきで立ちつくしていた。
かたわらに、しどけなく衣紋をみだして、片膝たてた志乃が、やなぎの若枝でつくった鞭のようなものを袖口からのぞかせて、
「いかが。少しは身のほどを思い知りましたか」〟

kikutouedaitakumi10.jpg

  ※    ※    ※

ファンの方々、気に入らなかったらスミマセン。先に謝っておきます。
使用した写真は蜷川美花撮影の写真集:東京・京都・箱根編のものです。

「水の中が好き」が気に入ってバック3パターン作ってみました。
↓ 一柄

kikutoudaitakumi6.jpg

↓ 二柄

kikutoudaitakumi5.jpg


「菊燈台」澁澤龍彦(挿絵:山口晃)はコチラ



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-03-07 01:19 | # [ 編集 ]

Re:


コメントありがとうございます。
ドラマは突っ込みどころいっぱいでしたね!

バラエティーのトークとか不器用そうな感じがまた良いです。
何度も同じこと話してたり、受け狙って外したりが可愛い(笑)
2017-03-07 23:13 | 高遠ユミ(yumi131ff) #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://roissy1369.blog.fc2.com/tb.php/208-1b2d6e6a

 | ホーム |